お葬式の流れ

まずは葬儀社を決めておきましょう

病院で最期を迎えられると、まず病院から搬送する葬儀社を決めるように伝えられます。事前に葬儀社が決まっていればその旨を伝えていただければ大丈夫ですが、決まっていなければ病院に葬儀社の案内をもらいその中から決めることになります。ご逝去されてから2時間程度で決めなければならないため事前に葬儀社を決めておくと良いでしょう。

1 生前に告知を受けたら

ご本人にあわせたい人を一緒に書き出しましょう。
上記の方々へ、都度状況を伝えてあげましょう。
ご安置する場所を決めておきましょう。
費用の準備をしておきましょう。

2 もしものときになってしまったら

主治医から危篤を告げられたら、ご親族様や会わせたい人に連絡を入れ
状況を伝えます。ご本人に伝えたいことなど、後悔のないように、
たくさん声をかけてあげてください。

事前に葬儀社が決まっていれば、基本的にはその葬儀社に電話をするだけでその後の段取りを教えて頂けます。

ご安置施設をご用意しております

安置施設をご用意しておりますのでもしもご自宅にお帰りになれない場合にも対応させていただくことができます。

3 ご搬送とご安置

24時間365日スタッフが常駐しております。急な場合でもご逝去なされた場所へ迅速に対応致します。お帰り先(ご自宅、安置施設など)を決めていればそちらへご搬送致します。
※同乗して頂く事も可能です。
(ご自宅の場合、ご本人様のお布団をご用意をしましょう。)

4 打ち合わせとご連絡

打ち合わせでは日程・式場・費用などを決めていきます。
事前相談を行っていれば、そのお見積および内容をもとに作成しますので打ち合わせに必要なお時間が大きく減少します。日程と場所が決まったら、ご親族様やご逝去を伝える方に訃報連絡を流します。

訃報連絡は通夜日程と葬儀日程そしてそれぞれを執り行う場所を書いて送って差し上げましょう