お葬式の流れ

1.ご危篤

まずは落ち着いて。一番大切な事はもちろんそばについていてあげることです。そのうえで知らせるべき方への危篤の連絡をしましょう。緊急を要するので深夜や早朝に関わらず確実に連絡がつく電話で連絡します。
その時は突然訪れる事もあります。その際に慌てず対応できるよう、危篤を告げられる前に準備しておいた方がよいことをご紹介します。

準備しておくこと

お知らせ先を決めておく

いざというときにあわてないために、危篤を連絡する範囲を決め、リストを作成しておきましょう。

宗教・宗派を確認

葬儀形式の幹になりますので宗教・宗派を確認しておきましょう。

葬儀社を決めておく

事前に情報を収集し、可能であれば事前に少しでも相談をしておきましょう。

おさえておくべきポイントQ&A

Q.危篤の連絡をしたら不在だった。伝言を残す時の注意点は?

仕事中で電話に出られない、などの際に留守電を残したりすることもあります。また、連絡先の方の家族や仕事先の方に連絡を頼む場合もあるでしょう。仮に伝言だけでも相手がすぐに駆けつけてくれるよう、伝えるべきポイントを押さえておきましょう。

  • 自分の名前、連絡先とご関係
  • 現在の危篤になっている方の状況
  • 現在の居場所(○○病院の○階○号室など)
  • 他の家族、親族などへ連絡する際の注意点

などの事を簡潔に伝言しましょう。

Q.危篤時は、誰に連絡したらよいのでしょうか?

あらためて考えてみると連絡先を知らなかったり、知らせる範囲の線引きが難しいことに気がつきます。連絡する先を決めて、電話番号を把握しておきましょう。「最後に立ち会えなかった……」と、後で攻め立てられたり連絡が広範囲に及びすぎて「病院に一同参集」し、迷惑をかけてしまうような事態は避けたいものです。お知らせする範囲としてひとつの目安が3親等の近親者と言われていますが、関係性などを考慮して連絡するべき人を決めておきましょう。

2. ご逝去からご安置まで

お亡くなりになられてからの流れをご紹介します。

ご逝去

病院で亡くなった場合には、看護師が故人の体を拭き清めます。そのあと、病室から遺体安置所に移動します。自宅で亡くなった場合には、主治医に連絡をして死亡判定をしてもらいます。

[確認ポイント]

  1. 医師より死亡診断書を受け取る
  2. お荷物を整え、退院の準備
  3. 入院費の支払方法を確認

病院で亡くなった場合には、看護師が故人の体を拭き清めます。そのあと、病室から遺体安置所に移動します。自宅で亡くなった場合には、主治医に連絡をして死亡判定をしてもらいます。

[確認ポイント]

  1. 医師より死亡診断書を受け取る
  2. お荷物を整え、退院の準備
  3. 入院費の支払方法を確認

病院で亡くなった場合には、看護師が故人の体を拭き清めます。そのあと、病室から遺体安置所に移動します。自宅で亡くなった場合には、主治医に連絡をして死亡判定をしてもらいます。

[確認ポイント]

  1. 医師より死亡診断書を受け取る
  2. お荷物を整え、退院の準備
  3. 入院費の支払方法を確認

お手伝いさせていただくことの一例

1.病院や施設などご逝去先にお迎え

故人の移動用に車両を用意します。24時間365日、深夜早朝でもすぐに伺います。

2.出発時の確認

ご挨拶、死亡診断書、病室の荷物整理などを確認いたします。

3.安置先の相談や日程調整

自宅、もしくは公益社会館にて24時間ご利用可能な専用の個室もご用意可能です。

もしもの時、準備しておくとあわてずにすみます。

印鑑

ご自宅、専門施設、もしくは公益社会館にご安置します。公益社会館では、24時間ご利用可能な個室もご用意しております。

写真

遺影写真作成の時に必要な写真を探す、選ぶのには時間がかかるものです。あらかじめ準備しておくことをおすすめいたします。

現金

実費部分など

お迎え

移動する先を決めておく

お電話一本ですぐに病院、ご自宅へ伺います。病院の場合は長時間の安置ができないことが多いので、どこへ移動するかを決めておきます。直接ご自宅に帰れない場合、公益社会館には病院から直接向かえる安置室がございますので、ご安心ください。

エンバーミング

エンバーミングは元気だったころのお姿に近づける科学的な技術です。

面影の残る写真や着替えのためにお気に入りの服などをご用意ください。

お手伝いさせていただくことの一例

1.ご安置後、 枕飾りをいたします。

公益社でご用意いたします。ご安心ください。

2.専用の安置室を ご用意いたします。

公益社会館の安置室では、最後の時をゆっくりと過ごすことができます。

3.ドライアイスの手当て

手当てを行い身なりを整えます。(エンバーミングをご希望の場合はドライアイスが不要です。)

おさえておくべきポイントQ&A

Q.自宅で安置する場合の注意点はありますか?

ご自宅の場合はお布団をご用意ください。また、ご安置するまでの通路もご確認ください。玄関に棺を入れることができない、エレベーターなどに乗せることができない場合もございます。お部屋にご安置後は低い温度に保つ必要があるため冷暖房の調節に配慮しましょう。

Q.安置室とはどんな施設ですか?

故人を自宅以外に一時的にお預りするための施設です。他施設では納棺して他の方と共用でお線香があげられなかったり、面会時間も限られていたりと不便も多いのが現状です。ご安置先は慎重に選ぶようにしましょう。

3. 打合せ

葬儀の打ち合わせ・日程調整・お見積り

お葬式の内容や日程などを決めていきます。ご遺族の希望や式場・火葬場・霊柩車の空状況・宗教者のご都合などを伺いながら決定する必要がありますので葬儀社と相談しながら確定するようにしましょう。

確認ポイント

1. 喪主は誰が 行うか

遺族の代表として故人と血縁の近い方から喪主の候補となります。

2. 菩提寺の確認

葬儀の日程を決めるために宗教者のご都合を確認することが必要です。まず、菩提寺の有無を確認しましょう。※菩提寺(ぼだいじ)とは先祖のお墓があるなど、納骨先として葬礼や仏事を営むお寺のことです。霊園墓地などで決まったお寺の檀家や門徒になっていないまたは、お墓が無く無宗教の場合は「菩提寺が無い」という状態になります。

3. 遠慮なくなんでも相談

非日常的な葬儀に関してはわからないことが多くあることでしょう。ご希望や心配事などは遠慮なく伝えることが大切です。

おさえておくべきポイントQ&A

Q.遺影写真を選ぶ際のコツは?

遺影写真を選ぶポイントしては、一番その人らしい表情をしているものを選ぶのがよいでしょう。例えばご家族や友人と一緒に写っている写真などが自然なお顔、お姿になっている場合が多いのではないでしょうか。遺影写真を作る時、人物以外の背景は切り抜く事が多いので、故人以外の人が写っていたり、背景を気にしなくても大丈夫です。ただし、写真を引き伸ばしますのであまりに小さく写っている場合は、ぼやけた写真となってしまいます。目安としては「ピントが合っていること」「プリントした状態で顔の大きさが親指より大きいもの」を目安にして写真を選びましょう。

Q.菩提寺がない場合はどうしたらよいのでしょう?

分家の場合、お寺様(菩提寺)とのつき合いがないことがございます。分家の方は宗教やお墓を選べますので、本家の菩提寺にお世話にならない時は公益社から信頼できるお寺様をご紹介いたしますのでご安心ください。
本家の方は、菩提寺が遠方にある場合でも、まずは菩提寺に連絡を入れます。菩提寺が葬儀に来られない場合は近隣のお寺様を菩提寺から紹介していただく形が望ましいでしょう。